筋肉を作る栄養素が多い「肉・魚」を沢山食べると痩せる

投稿者: | 4月 20, 2017

私が1か月半で8キロ落とせたダイエット法です。まず、朝食は抜きです。

私はもともと朝食はあれば食べますが、いつも出勤時間に合わせて起きるので結局食べる時間は考慮していないため、朝食は食べないことが普通でそんなに苦痛はありませんでした。しかし、コーヒーは欠かさないので、その際のミルク(乳製品)は?と悩みましたが、結論としては出来ればミルクは採らないほうが良いです。なぜなら、その分消費しなければいけないカロリーが増えるからという明確な理由。

でも、その理由の通り、少しのミルクの消費量と、それを我慢する気持ちのストレスを考えると、ミルクを入れたいときは入れたいだけ入れました。そして、お昼にはとにかく食べたいだけの量の生野菜を食べます。ボウルいっぱいでもバケツいっぱいでも。そしてベーコンでも卵でも、何かしら少しだけ生野菜以外も摂取。さらに、ドレッシングはノンオイルなどとは一切気にせず、美味しいドレッシングをたっぷりと。とにかく美味しく生野菜をできるだけいっぱい(おなか一杯に満足するため)食べます。

ここで、なぜ、朝食を抜くかの理由ですが、人間は朝起きて、活動量が一番多いのは午前中と言われます(これは、人それぞれ、仕事の種類や生活リズムによりますが)ので、朝食をぬけばその分活動したエネルギーは、今自分が持っているエネルギーから消費されます。しかし、朝食を採ると、その朝採ったエネルギーから消費されるので、結局今持っているエネルギー(脂肪等)はなかなか減りません。

「貯金から使う」という考え方です。そしてお昼に生野菜を食べる理由。それは、消化が早いから。消化の良い野菜を生で食べるようにします。そうすると、午前中に新しいエネルギーを摂取していないので、体は次に体に入ってくるエネルギーを積極的に取り込もうとしますが、そこに入ってくるのが「消化の良い生野菜」なので、まずは必要な栄養素が体に取り込まれ、その上、カロリーは少ないので、午後に消費するカロリーの追加にもそうそうなりません。

そして夜です!朝食抜き、昼は満腹になるほどの美味しい生野菜サラダ、でも、夜は好きなだけ(それでも2人前くらいが良い)の肉や魚を好きな調理法で食べます。

唐揚げでもステーキでも、魚のフライでも良いです。できれば肉は赤身などがより良いですが、あくまでも「どちらかといえば」です。なぜなら、この目的は、昼同様で、一日、野菜以外の栄養素をほとんど取り入れていない状況に体が整っているので、次にやってくる栄養素は積極的に取り込まれます。

そこで、筋肉を作る栄養素が多い「肉・魚」を沢山食べるのです。たくさん食べる、しかも毎日食べるには、美味しく、いろいろなかたちで食べるのがストレスフリー、つまりは継続のポイントです。

炭水化物抜きダイエットともいえますし、間食抜きダイエットともいえますが、特別な運動はなく、また、量としては昼も夜も食べたいだけ食べられる(限度はありますが)ので、食事制限という程のストレスは感じませんでした。ただ、炭水化物や果物などから採る栄養素も、人間にとって必要なものでありますから、上記ダイエット法は1~2か月でのトライが良いとご紹介します。

カテゴリー: food